●2017年拝観MAP
  ●無料巡回バス時刻表
  ●催し物のご案内

 
土下座まつり影

土下座まつりの由来(大名行列)

 新見は、元禄10年(西暦1697年)一万八千石の格式をもって津山から新知された初代藩主関長治侯が築いたまちです。
 この大名行列は、正式には「御神幸武器行列」といい藩主が祭礼に参内して、敬神崇祖の高揚と領民の安寧(あんねい)、五穀豊穣を祈念するために、新知入国時に行った、公式の「大名行列」を仕立てさせて、新見船川八幡宮秋季大祭(10月15日)御神幸の先駆をさせたのが始まりで、往時のしきたりを忠実に継承して行われます。
 総勢64名からなる行列は、白熊と呼ばれる大槍(おおやり)、薙刀(なぎなた)、鉄砲(てっぽう)、弓(ゆみ)、槍(やり)、大旗(おおはた)、馬印(うまじるし)、沓篭(くつかご)、などが主体で、青竹を手にした二人の先払いを先頭に、一定の順路で新見船川八幡宮と宮地町の御旅所を往復します。
 行列が通る沿道の氏子は、清めの盛り砂を作り腰を低くして敬虔(けいけん)に出迎えをするならわしとなっております。
 また、この日ばかりは国税庁の特別許可を得て、新見船川八幡宮で造られたご神酒(じんしゅ)(ドブロク)も参詣者に振るまわれます。