1.経営者として事業に対するしっかりとした心構えをもつこと
経営者自体の事業に対する意欲、能力がその事業を発展させる最大のポイントです。その為には経営計画が決定されているか、現状の業績に将来性があるかどうか、経営者としての力量、実績そして健康状態等が考察されます。

2.自分の事業の財務内容を充分把握していること
資産内容や経営内容を他人まかせにしている経営者をよく見かけます。利益が上がっているのか、借入金がどの位あるのか等、財務内容は経営者自身が充分把握しておかなければなりません。

3.取引金融機関との関係が密接であること
従来の取引関係は良好であるかどうか、また名目だけの取引だけでなく実質的な内容を伴った取引関係が大切です。信頼を得ることが、企業にとって重要なポイントの1つです。

4.必要書類の提出はすばやくすること
借入申込時に金融機関から申し入れのあった書類は迅速に提出することが大切です。また提出する書類は当然のことながら企業の実状を正確にあらわしているものでなければなりません。

5.保証人と担保について
金融機関との信頼関係が充分であっても借入金額等によって保証人や担保を求められますので、日頃からの準備が必要です。

6.借入する場合の留意点と必要書類
  1. 登記簿謄本(法人企業のみ必要)
  2. 確定申告書、決算書(2期分)
  3. 試算表(決算後3ケ月以上経過している法人企業)
  4. 所得税(法人税)、事業税、市県民税などの領収書または納税証明書
  5. 借入金明細(借入先別の内訳)
  6. 許認可業種の場合、その番号と取得(更新)年月日
  7. 設備資金借入の場合はその見積書、契約書等
  8. 実印

■ご相談・お申込み■

  新見商工会議所 指導課  TEL 0867-72-2139
国民生活金融公庫 倉敷支店  TEL 086-425-8401
  中小企業金融公庫 岡山支店  TEL 086-222-7666
岡山県信用保証協会 倉敷支所 TEL 086-425-3103
新見市商工観光課 商工労政係 TEL 0867-72-6137