井倉洞
50メートルの天の岩穴から落ちる滝、岩肌から染み出す水、そして岩間に吸い込まれていく流れ、目の前にぽっかり開いた黒い穴はどこへつながっているのか、そして足元の亀裂はどこまで深いのか、地球の鼓動が聞こえてくる幽玄の回廊です。
井倉峡
カルスト地形の阿哲台地を縦断する清流は岡山県の3大河川の一つで延長110kmの高梁川です。この清流に映える直立240mの石灰岩の絶壁は古くは阿哲峡と呼ばれ、最近は井倉峡として訪ねる人をしてその雄大さに心うたれ大自然の中にとけこんでしまわずにはおかないものがあります。
ここ井倉峡は、この奇岩ゆう谷を高瀬舟で往き来した昔より訪ねる人がそのあとをたたず、昭和4年にこの地を訪れた歌人与謝野晶子は、「切ぎしはひところすぐに天そそり、もみじも身をばうすくしてよる」とよんでいます。
満奇洞(まきどう)
満奇洞は、新見市内の洞窟群のなかでも開発が早く、その変化のすばらしさは他に比類がありません。昭和4年、情熱の歌人与謝野晶子が、「奇に満ちた洞」と詠んだことから、満奇洞といわれるようになりました。
雄大で繊細、豪猛にして精緻、繊麗にして幻怪、水が地球に刻んだ造形の画廊です。
羅生門(らしょうもん)
地下の大洞穴が一部を残して陥没し、高さ40mに達する一大石門ををつくる。4つの天然橋からなる景観は、まさに羅生門と称するにふさわしい。附近は「イギイチョウゴケ」をはじめ珍奇植物の宝庫としても知られています。
昭和5年 国指定天然記念物に指定されています。
縞嶽
石灰岩が花崗岩に押し上げられて形成されたもので、高さ120mの岩壁に数百の波状層ができ、美しい縞模様を見せています。
絹掛の滝
井倉峡の一部に属し、車中からでもよく見えます。高さ60mの断崖から落ちる水は、ある時はゆるく、ある時は強く、さながら一連の絹を掛けたさまに見えます。
宇山洞(うやまどう)国指定天然記念物
岡山県内有数の規模の裂か型吸い込み穴で、総延長1050m、洞口と洞の末端との高低差は105mにも達します。
秘坂鐘乳穴(ひめさかかなちあな)
国指定天然記念物
県下でも屈指の巨大な洞口と総延長1600mの長さを誇る裂か型吸い込み穴です。
鳴滝(なるたき)
備作山地県立自然公園に属し、初夏の新緑や秋の紅葉など、この付近一帯の渓谷美は心にやすらぎを与えてくれます。
龍頭峡(りゅうずきょう)
城山の北、愛宕山の麓一帯を竜頭峡と呼んでいます。春はさくらとツツジ、夏は避暑、秋は紅葉と四季それぞれ変化にとんでいます。とりわけ春のツツジは圧巻です。早春には珍奇植物「あてつまんさく」も見られ、不動尊をまつる吉祥寺からの市街展望は、風穴の奇勝とともに忘れがたいものがあります。
こいこいパーク
JRニイミ駅前の高梁川河川敷は新見市の表玄関として整備され、リバーパークとして市民の憩いの場となっています。また、昭和橋のたもとには、数百匹の鯉が放流され、禁漁区として保護されています。さまざまな錦鯉が遊泳するさまは見事で、道行く人たちは餌を与えながら、心なごむ一時を過ごしています。
城山(じょうやま)公園
市街地の中心にどっかりと腰をすえているので、たいていの場所から見ることができます。春には300本余りの桜をはじめ、もくれん、つづじなどが全山を美しくかざり、市民の憩いの場となっています。頂上には野外ステージや田山花袋の蒲団碑をはじめ、展望台、子供遊園地などの施設があります。
新見千屋温泉(にいみちやおんせん)
新見千屋温泉は、新見市の最北端に位置し、オートキャンプ場・交流促進センター(宿泊施設)・レストラン等「温泉・味覚・宿泊」と訪れる人々に心も身体もリフレッシュできる快適空間を満喫させてくれます。
いろり・かやぶきの家
和牛の里で知られる千屋にあり、春から秋にかけては登山、山菜狩り、ヤマメなどの渓流釣り、冬にはスキーが楽しめます。また、体験農園では野菜の収穫とオールシーズンで農村に伝わる生活、文化等の良さを体験でき、昔ながらのいろりを中心におだやかな休日が過ごせます。
中国牡丹園
新見市と中国信陽市とが姉妹縁組を結び、信陽市より贈られた牡丹を植えた中国式庭園。
千屋スキー場
岡山県の西北、広大な中国山脈のふところ深く抱かれたスキー場は、緩急自在なスロープをもち、良質の雪で3月頃まで滑ることができます。海抜700mのゲレンデから秀峰花見山(海抜1,188m)や剣山(海抜988m)を望み、若人の喚声は連日たえません。また千屋は、和牛の「ふるさと」としても知られ、千屋牛料理を味わいながら、ひなびた宿で一夜の夢をむすぶのも忘れがたいものがあります。
三尾寺
この寺の木造千手観音座像及び両脇士立像は、国指定重要文化財であり、本堂は県指定重要文化財になっています。参道の杉並木はすばらしい。
四 季 の 祭
春 お田植え祭り
日桃竢燗穴神社の春季大祭で、毎年旧暦6月11日に行われる。悠紀(ゆき)、主基の両当番は、前殿にしめ縄を引き神田を設け、杉葉を苗とし獅子頭を牛として田植えの行事を行う。両当番左右に分かれて苗を投げ合う。一般参拝者は杉葉の苗を拾い、持ち帰って耕地に立て豊作を祈る。
夏 新見ふるさと祭り、花火
“夏・まつり・感動の瞬間(とき)”をテーマに、新見市の夏最大のイベント。新見市高尾駅前通の「おまつり広場」をメーン会場に、恒例の「夏踊り」、昭和橋上では「星空屋台村」、その他にも「創作踊りコンテスト」や「打ち上げ花火」など盛りだくさんの催しで、毎年大勢の人出でにぎわう。
秋 御神幸武器行列
その昔、関備前守長治が新見藩主として1万8千石の格式をもって津山より移封された当時の面影を写し伝えられたもので、船川八幡宮秋季大祭(毎年10月15日)の行事として、昔時のしきたりにより現在も腰を低くしてこれを迎える習慣がある。
冬 かいごもり祭り
唐松位田(くらいだ)に残るこの祭りは、毎年旧正月最初の亥の日か、3回ある場合は中の亥の日に行われる。早朝神主と二人の人足はごりを取り、弥山に登り氏子300の吉凶を占う。お祭りが行われている間中、氏子は雨戸をしめ火を消して家にこもる。
午後お田植祭りが行われる。